メカ君は何者?本名や職業、戦績、強さなどwikiプロフィールを紹介!

スポンサーリンク

喧嘩自慢最強決定戦の地区代表オーディションの埼玉・大宮編が開催されました。

中でも、強烈なインパクトを残したのはフェザー級第業に選ばれたメカ君という人物です。

今回は、メカ君についてどんな人物なのか詳しく深堀りしていきます。

スポンサーリンク
目次

メカ君は何者?

  • 名前:メカ君
  • 本名:女鹿口直人(めかぐちなおと)
  • 出身地:名古屋大宮市
  • 年齢:
  • 職業:バー経営者

喧嘩自慢大会の大宮地区に参加していたメカ君。

フェザー級で第業に選出され、注目を浴びていますね。

シングルマザーで育てられたというメカ君。

ブレイキングダウンに出たい理由を、

幼少期からいじめられていた。いきがっている奴が大嫌いで全員ぶっ飛ばしたいと思ってきた

と熱く語っていました。

喧嘩自慢大会の会場でも見る相手と常に喧嘩していて、「早くやりたくてしょうがない」と監督にあピースしていました。

メカ君の本名や職業、戦績、強さなどwikiプロフィールを紹介!

喧嘩自慢で大宮地区第業選手に選出されたメカ君。

今後YouTubeeの発信も積極的の行っていくとのことですが、まだ詳細な情報は分かっていないようです。

現時点で分かっているメカ君の情報についてまとめてみたので確認していきましょう。

本名は「女鹿口直人」

メカ君の本名ですが、女鹿口直人(めかぐち なおと)というようです。

Instagram投稿で本名を明かしていますね。

「メカ君」の”メカ”は苗字の”めかぐち”から取っているのだと思われます。

スポンサーリンク

出身地は?

メカ君の出身地は、

埼玉県上尾市

のようです。

Xのアカウントのプロフィールで、「地元上尾のフォローお願いします!」と書かれていますね。

学歴は?

メカ君の学歴ですが、Xの内容から高校に進学していることが分かります。

熊谷工業というのは、埼玉県の県立高校の熊谷工業高等学校だと思われます。

埼玉県立熊谷高等学校

偏差値は43~44ほどで、電気科・建築科・機械科などの専門分野の科が多いようです。

高校生の時にはバスケの試合に出ていた履歴があったので、バスケ部に所属していたようですね。

スポンサーリンク

年齢は?

年齢も公には公表されていません。

だた、Xの内容から、2013年4月時点で高校2年生だと分かるので、そこから計算すると、

27歳(2023年10月時点)

であることが分かりますね。

格闘技歴は地下格闘技で活躍

メカ君ですが、東京を代表する地格闘技イベント「路地裏喧嘩劇場 飛車角」で活躍されている選手のようです。

2016年には、城東支部として出場し、3対0で勝利していました。

2023年8月にはライト級トーナメントで出場。

この時には、延長からの判定負けをされていました。

メカ君のInstagramでは、2018年頃から飛車角に出場しているような投稿があるため、少なくとも5年以上は地下格闘技の選手として経験があるようですね。

スポンサーリンク

職業はバー経営者!

メカ君の職業ですが、現在バーの経営者をしているようです。

自身のInstagramでも、バーを2店舗経営していると紹介しています。

1店舗目が上尾市にある「DEEPBAR CROW」というお店です。

こちらが2店舗目の「アップデール」というお店です。

こちらはまだ開店したてのようで2023年3月にオープンされています。

スポンサーリンク

過去は暴走族だった?

喧嘩自慢の際に、自身の過去について触れている場面がありました。

その中に、以下の様な写真を上げられていました。

「喧嘩すると頭が真っ白になってしまう」といってあげていたこちらの写真。

シャツに返り血?のようなものが付いていて、喧嘩した直後であることが分かりますね・・

また、暴走族の様なバイクと服装で、たばこをふかしている写真もあげていました。

ご自身でも、10代の頃はよくケンカに明け暮れていたと語っています。

初めはいじめられっ子だったというメカ君ですが、その経験がバネになって、昔は相当なヤンチャをしていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回はメカ君について詳しく調査してみました。

喧嘩自慢大会でも圧倒的な強さを誇っていましたが、やはり地下格闘技選手として活躍されていたようですね。

プライベートもバーの経営者をされていたり、充実している様子がうかがえました。

地区代表選手に選出されたことを機に、自身のYouTubチャンネルも解説されたようなので、今後の活躍を期待していきたいと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次